特殊鋼の知識
平成29年新年号
平成28年秋号
平成28年夏号
平成28年春号
平成28年新年号
平成27年秋号
平成27年夏号
平成27年春号
平成27年新年号
平成26年秋号
平成26年夏号
平成26年春号
平成26年新年号
平成26年新年号−ご挨拶
平成25年夏号
平成25年春号
平成25年新年号
平成24年秋号
平成24年夏号
平成24年春号
平成24年新年号
平成23年秋号
平成23年夏号
平成23年春号
平成23年新年号
平成22年秋号
平成22年夏号
平成22年春号
平成22年新年号
平成21年秋号
平成21年夏号
平成21年春号
平成21年新年号
平成20年秋号
平成20年夏号
平成20年春号
平成20年新年号
平成19年秋号
平成19年夏号
平成19年春号
平成19年新年号
平成18年秋号
平成18年夏号
平成18年春号
平成18年新年号
平成17年秋号
平成17年夏号
平成17年春号
平成17年新年号
平成16年秋号
平成16年夏号
平成16年春号
平成16年新年号
平成15年秋号
平成15年夏号
平成15年春号
平成15年新年号
平成14年秋号
平成14年夏号
平成14年春号
平成14年新年号
平成13年秋号
CNC旋盤機の増設
昨年7月に新しい機械を導入致しました。森精機のNL3000Y/700 M720BMです。
従来よりY軸旋盤は2台持ち合わせていましたが、10インチチャックの為、標準加工径がΦ300という制限があり、大径の品物はお断りをしていました。今回新機種の導入では15インチチャック仕様となっており、標準加工径でΦ360まで可能となりました。更に従来のY軸旋盤では、12本の刃物台の中で6本しかミーリング機能が使用できませんでしたが、今回導入したNL3000Yでは12本すべてにミーリング機能が搭載されており、今まで以上にミーリング加工に対応できる仕様となっております。X軸スケール・冷却装置・ミストコレクターも完備されており、精度保障も今まで以上の期待ができます。小径〜中径の数物に頼っていた中で、今後は大径製品もぜひ挑戦していきたいと思っております。小径〜中径の加工品も今まで以上に品質等を向上させ、小径から大径までどのサイズでも注文をお受けできるような体制を整えたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。
浦安センター 加工チーム リーダー 栗原 直貴
『憩』
■野球観戦
私の趣味は野球の観覧です。 平日は仕事でなかなか観戦に行けないですが、週末に釜山で試合がある時は、よく行っております。韓国は野球チームが今年から1球団増えて9球団になりました。釜山の球団はロッテジャイアンツで、9球団の中でも、一番野球熱が高く、応援も凄いです。ロッテジャイアンツのファンではなくても「一度、釜山SAJIG球場で野球を見るべき」との話があるぐらいです。面白いのは7回になると、下記写真のようにオレンジ色のビニール袋がもらえるのですが、これは試合後、ゴミの問題で悩んでいた球団側が考え、ゴミ袋として配っていたのですが、いつの間にかこれが、応援の道具となり、ゴミ問題の解決と共に釜山の野球応援文化になっております。その理由で今は、このビニール袋をもらうため、みんな必死です。(笑)
野球は観戦時間が長いため、お弁当やチキンを食べならが、ビールも飲みながら、みんなとわーわー騒ぐのがとても楽しいし、ストレスがかなり解消できるので良いと思います。
去年まで数年は、ロッテジャイアンツがベスト4入って秋の野球も楽しんでましたが、昨年は残念ながらベスト4に入れなかったです。今年はせひとも頑張ってベスト4に入って欲しいです。
今は、アメリカMLBのLADのHyun−Jin,Ryuを応援しております。
韓国連絡事務所 所長 金 世英(キム セヨン)
■オリンピック
暑い日々も終り、過ごしやすい日々に成りつつあり、2020年には東京でオリンピックが開催する事になり、 多くの経済効果があると思う。前回の東京オリンピックは、テレビでバレーボールの東洋の魔女は記憶にある。
スポーツは自分は何もしていないが、子供が水泳とサッカーを習っています。姉妹共に体を動かすのが好きで、姉が水泳クラブに所属し、去年の春はジュニアオリンピック(全国大会)に出場し成績は11位。夏休みに市内小学校大会では、2種目に出場して両方共に優勝し金メダルをとりました。
9月の千葉大会では2種目にして5位と10位、1〜2秒争いの世界です。少しずつ自己ベストを上げている。親バカかもしれないが、このまま水泳を続けていれば、もしかしてオリンピックに出場ってな事もあるかも…。
観戦と送り迎え、試合では1分前後で終わりでも一日掛かりです。親は観戦と送り迎えはつらいけど、温かい目と時には厳しく見守って行きたいと思います。
浦安センター 倉庫チーム 井崎 清司
■ダンス
幼い頃から踊りが好きでダンススクールに通っていました。 ジャンルはヒップホップジャズ、クランプ等です。 @SammY★というダンスチームを結成し、各地のダンスイベントに参加させて頂きましたが、初めて舞台に立った時の感動は今でも忘れません。
ダンスを楽しみたいという気持ちはずっと変わらず、30代でも通いやすいスクールを探していたところ、見つけた場所がスポーツジムのダンスクラスです。 年齢層の幅が広く20代〜60代の方と一緒にダンスを学んでいます。 物足りないのではないかと甘く考えていましたが、私自身体力を取り戻す事に必死だったのに対し、みなさんが楽しそうに軽快に踊っている姿に驚きました。
私生活では、なかなか知り合えない方と趣味を通じて楽しさを共有できる場所は心の憩です。
これからもダンスやスポーツを楽しみながら少しずつ体力をつけていきたいと考えています。
フィッティンググループ 手塚 緑

26年新年号