特殊鋼の知識
平成29年春号
平成29年新年号
平成28年秋号
平成28年夏号
平成28年春号
平成28年新年号
平成27年秋号
平成27年夏号
平成27年春号
平成27年新年号
平成26年秋号
平成26年夏号
平成26年春号
平成26年新年号
平成26年新年号−ご挨拶
平成25年夏号
平成25年春号
平成25年新年号
平成24年秋号
平成24年夏号
平成24年春号
平成24年新年号
平成23年秋号
平成23年夏号
平成23年春号
平成23年新年号
平成22年秋号
平成22年夏号
平成22年春号
平成22年新年号
平成21年秋号
平成21年夏号
平成21年春号
平成21年新年号
平成20年秋号
平成20年夏号
平成20年春号
平成20年新年号
平成19年秋号
平成19年夏号
平成19年春号
平成19年新年号
平成18年秋号
平成18年夏号
平成18年春号
平成18年新年号
平成17年秋号
平成17年夏号
平成17年春号
平成17年新年号
平成16年秋号
平成16年夏号
平成16年春号
平成16年新年号
平成15年秋号
平成15年夏号
平成15年春号
平成15年新年号
平成14年秋号
平成14年夏号
平成14年春号
平成14年新年号
平成13年秋号
INDO-MIM社のご紹介
昨年から弊社では、INDO-MIM社の日本総代理店として、MIM製品を販売しております。INDO-MIM社は名前の通り、インドのバンガロールに工場を持つ、世界でも最大規模を誇るMIMメーカーです。
INDO-MIM社は、1998年にアメリカのMIMメーカー(AFT社)との合弁にて創業し、2001年に独立し、その後順調に生産、販売を拡大し、現在ではアメリカやヨーロッパ、アジアなど、30か国以上のお客様に金属精密部品を供給しております。
特徴は、金型設計、MIM成形、機械加工仕上げ、アッセンブリー迄、社内での一貫生産が出来るところです。又、3つの工場を保有しており、医療用MIM専用生産ラインを持ち、CIM部門、ロストワックス部門もあり、従業員は1,800名以上のスタッフを有します。生産能力は、今年度末には、射出成形機‐117台、焼結炉‐26台(内連続炉4台)、金型加工機‐40台(マシニングセンター+放電加工機+ワイヤーカット)等、世界最大の規模の生産が出来る設備を保有し、月産数百万個の大ロット生産の対応も可能としています。
品質管理に関しましては、自動車部品メーカーへの納入実績が物語る様に、金属レントゲンを含め、最新鋭の検査機器を保有し、製品ごとに工程全体を一括管理、全工程を内製する事で安定した品質を実現しております。もちろんISO9001:2008、ISO/TS 16949:2009、ISO 13485:2003、AS9100の認可を得ております。 MIM部品の特徴は、比較的小さく、3次元の形状の部品が、低コストで出来る事です。材質も自由に選べ、肌焼鋼、強靭鋼、ステンレス、磁性材料、耐食、耐熱鋼、工具鋼等の材質が製造可能です。但し、銅、アルミ、マグネシウムの様な、低融点の材料は、製造出来ません。大きさは、10g〜50gが得意としており最大200g迄。長さは、60mm迄が得意としおり最大200mm迄対応可能。肉厚は、0.5mm〜5.0mm迄、寸法公差は、最大±0.5%の保証が可能です。
皆様、MIM部品のご相談がございましたら、是非弊社の営業マンへ、御相談お願いします。きっと、ご希望以上のご提案が出来ると思いますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
取締役 鋼材事業部部長 金田 広之
横型マシニングセンタの新設
今年4月に新しい機械を導入致しました。DMG森精機製の横型マシニングセンタ「NHX5500 M730BM」です。
以前から弊社には立型マシニングセンタを導入しておりましたが、量産品にも対応可能にする為、2テーブル、4面イケール500×500、4面油圧バイス方式の仕様で導入いたしました。BBT50・クーラントスルー・ミストコレクターを装備しており、剛性の高い機械となっております。又、刃物も60本マガジンを搭載しているので、多種多様の加工にも対応可能です。さらにアプローチ点への刃物の移動が、森精機の従来の機械よりも格段に早くなっておりますので、製作時間が短縮されています。
全社通じて横型マシニングの導入は初めての試みで、これを機に様々な加工品に挑戦させていただき、弊社の加工技術を今まで以上に向上させて、お客様のご要望にお応えできるように、精進してくつもりです。マシニング量産加工が必要の際には、ぜひお声掛けを宜しくお願い致します。
浦安センター 加工チームリーダー 栗原 直貴
『憩』
■ギター
私には、20年以上続けている趣味があります。それはギターを演奏することです。きっかけは、友人から教えてもらったバンドのギタリストの大ファンになり、自分も同じようにギターを演奏したい!と思った事が始まりでした。気の合う音楽仲間とバンドを結成して、イベントなどに参加して演奏を楽しんでいます。次の ライヴは、知り合いの店の30周年記念イベントで、2時間の長丁場に向けて練習に励んでいます。始めたころは、こんなに長い趣味になるとは思いませんでしたが、今では私の人生の一部になりました。これからも一生の趣味として続けていけたらと思います。
甲府営業所 切断チームリーダー 矢崎 能央
■前田慶次
自分は、漫画「花の慶次」を読み、山形にゆかりのある武将である事を知り、前田慶次にまつわる施設や場所に出かける様になりました。 前田慶次が、使用したと言われている甲冑や槍が、展示されている施設が、米沢市にあることを知り見学に行ったり、近場では前田慶次供養塔がある寺などに足を運んだりしました。そのお寺では、命日と言われている6月4日には供養祭が毎年開かれており、多くの人が集まっていました。 米沢といえば、大河ドラマ天地人の主人公直江兼続も有名であり、米沢城址には愛の甲冑が展示されておりました。また仙台の伊達政宗の生誕の地でもあり、石碑などがたてられておりました。 前田慶次と直江兼続に興味のある方には、見どころがたくさんあるので、ぜひ米沢に足を運んで頂きたいと思います。
前田家家紋 上杉家家紋
山形営業所 加工チーム 班長 佐藤 友和

26年夏号