特殊鋼の知識
平成29年春号
平成29年新年号
平成28年秋号
平成28年夏号
平成28年春号
平成28年新年号
平成27年秋号
平成27年夏号
平成27年春号
平成27年新年号
平成26年秋号
平成26年夏号
平成26年春号
平成26年新年号
平成26年新年号−ご挨拶
平成25年夏号
平成25年春号
平成25年新年号
平成24年秋号
平成24年夏号
平成24年春号
平成24年新年号
平成23年秋号
平成23年夏号
平成23年春号
平成23年新年号
平成22年秋号
平成22年夏号
平成22年春号
平成22年新年号
平成21年秋号
平成21年夏号
平成21年春号
平成21年新年号
平成20年秋号
平成20年夏号
平成20年春号
平成20年新年号
平成19年秋号
平成19年夏号
平成19年春号
平成19年新年号
平成18年秋号
平成18年夏号
平成18年春号
平成18年新年号
平成17年秋号
平成17年夏号
平成17年春号
平成17年新年号
平成16年秋号
平成16年夏号
平成16年春号
平成16年新年号
平成15年秋号
平成15年夏号
平成15年春号
平成15年新年号
平成14年秋号
平成14年夏号
平成14年春号
平成14年新年号
平成13年秋号
大不況の最中に
 新年になり、オバマ新大統領がすばらしい人気で、目の前の暗雲を一気に打ち払ってくれると思っていたが、現実の障害は重く、当面の景気回復はなかなか見えてこない。周囲を見渡すと、売り上げが3?4割減少というのは良いほうで、平均は半分、中には昨年に比べて五分の一、十分の一という会社もあるらしい。この先にどのようなことがあるかまったく不明ではあるが、今われわれは歴史に残る大きな不況にいることは間違いがない。冷静に考えれば、歴史の流れ中で生きていくことに慣れ、進歩というのが当然である時代から決別し、自分のことは自分で行うという、当然のことが求められる時代になったということではないかと思う。そして流れを、自分で作り上げる能力が必要とされている。
 先日中国から戻ったばかりの人と話す機会があった。中国はもはや不況から脱出し、景気は回復していると、熱を込めて話していました。中国が回復をしてくれることはうれしい知らせではあるが、そのことが、本当に世界の景気回復にどのように結びついていくのか良くわからない。そしてそのことが、本当に中国の人の幸福につながっているかが、非常に疑問のように感じてならない。
 もしこの景気が回復するとすれば、そのきっかけは新しい生活様式の発見ではないかと思う。俗に言う、環境問題、エネルギー問題もそうであるが、それ以上に、個々の人の生活の様式が変化し、理想の生活というものがまったく新しく見えてくる時代ではないかと思っています。その時に若者が目を覚まし、希望と理想を大きく掲げ、世界は新しい段階になるのではないかと思います。
 しかしそれまで、どのくらいの時間がかかるかが疑問。それまで個々の人も、それぞれの会社も生き延びなくてはいけない。そしてそのために何をしていくかが課題となろう。経費節減だけを課題とし、最後には大切な従業員を減らすなどすることをしないで済ますことができれば良いなあと感じています。 どうかこの苦しい時代をどうにか乗り越え、新しい時代の到来に、少しなりとも手助けをしたいと願っております。
代表取締役 藤原 久芳
『憩』
 釣り、映画鑑賞、ショッピング等さまざまな趣味をお持ちの方がおられると思いますが、私が唯一趣味?として行っているのは競馬です。と言っても強いわけでもなく勝率も全くと言って悪い方です。20才位の時に友人が行っているのを見てそれを真似して購入したのが始まりです。それから20年あまり続けていますが特別競馬が大好きかな? と思う事もありますが週末になるとスポーツ新聞や競馬新聞を買い、予想し友人等とも連絡を取り合ったり又、友人の家に集まり飲み食いなどをしながら予想を立てたりし時間を過ごしたりする事もあります。見る人から見れば一見つまらない事の様に思うかもしれませんがこれが私にとっては一つの息抜きになっているのもあります。
 最初にも書いた様に人それぞれ色々な趣味をお持ちの方がおられると思いますが、要は自身が自身のペースで楽しんでいれば良いのではと思います。人が何をしているかなどは考えず自分自身がやりたい事を好きな様に楽しんで行えばそれが自身の憩いの場なのではないでしょうか?これからもマイペースで楽しんで行こうと思っています。(趣味はマイペースで)
浦安センター切断チーム 中崎 実
 
 
 私は現在、西白井と鎌ヶ谷を行ったり来たりしています。午後3時頃から翌日の午前9時頃迄は、西白井(マンション)、午前9時頃から午後3時頃迄は、鎌ヶ谷で生活しています。西白井では、カミさんがギックリ腰で体を痛めた為、家事手伝い(掃除、洗濯、買い物、皿洗い等)が主な仕事で、鎌ヶ谷では、ボランティアでやっています「被爆者の会」「新歩会」の仕事の他に、私の趣味でやっている書道、カラオケ、読書等があります。定年後の生活にも、ダラダラでなく、一つのリズムが必要だと考えて、以上のことを上手くミックスして、やって行けば、気分的にも、健康的にも、良い事ではないかと思って、実行しています。
 以前には、西白井で、軽いジョギングをしていましたが、膝を痛めて、今は止めています。しかし西白井と鎌ヶ谷の往復(約40分)に自転車を使用していますから、運動にはなっていると思っています。その中で、カラオケは、一番の潤滑油ではないかと思っています。カラオケ会に入会したのは5年前、現在の会員は20名(男10名女10名)月5回で、会費は月1千円、会場は公民館、時間は13時から16時迄、リーダーの人が選曲してテープに吹き込み、そのテープを流して、いっしょに男女2人で順番に、一番ずつ唄います。勿論、歌詞カードはその前に頂き、あらかじめ各自が録音しています。月末の練習日は「のんびり会」と言い、今迄唄った歌の中から、自分の得意な歌を、皆の前で唄います。その時は飲み物と、おつまみが出ます。忘年会は、近くのカラオケ屋さんに行って唄います。音響効果が良いのか、全員上手に聞こえますから不思議です。
 いずれにせよ、唄っている時は、何もかも忘れ、カラオケに没頭、皆さんの盛大な拍手に思わず、にっこりです。歌の好きな方バンザイ。ちなみに皆さんの平均年齢75才。
監査役 小中 武志
21年春号