特殊鋼の知識
平成29年秋号
平成29年夏号
平成29年春号
平成29年新年号
平成28年秋号
平成28年夏号
平成28年春号
平成28年新年号
平成27年秋号
平成27年夏号
平成27年春号
平成27年新年号
平成26年秋号
平成26年夏号
平成26年春号
平成26年新年号
平成26年新年号−ご挨拶
平成25年夏号
平成25年春号
平成25年新年号
平成24年秋号
平成24年夏号
平成24年春号
平成24年新年号
平成23年秋号
平成23年夏号
平成23年春号
平成23年新年号
平成22年秋号
平成22年夏号
平成22年春号
平成22年新年号
平成21年秋号
平成21年夏号
平成21年春号
平成21年新年号
平成20年秋号
平成20年夏号
平成20年春号
平成20年新年号
平成19年秋号
平成19年夏号
平成19年春号
平成19年新年号
平成18年秋号
平成18年夏号
平成18年春号
平成18年新年号
平成17年秋号
平成17年夏号
平成17年春号
平成17年新年号
平成16年秋号
平成16年夏号
平成16年春号
平成16年新年号
平成15年秋号
平成15年夏号
平成15年春号
平成15年新年号
平成14年秋号
平成14年夏号
平成14年春号
平成14年新年号
平成13年秋号
再度、冷静に考えると。
 中国の需要の急速な拡大を契機とする鋼材不足が、本年度下期を迎えても勢いがとどまらず、異常な事態が継続している。
 特殊鋼業界だけなく、鉄鋼全体が値上げと数量不足の波に飲み込まれている。
 経済全体が今もってデフレの流れの中で、鋼材などの素材の値上げが最終製品に反映できない状態に、危機的な矛盾を感じる。
 価格、数量などに対する変化が、昨年からあまりにも早く変化し状況を吸収する前に次の変化が現れており、そのことが事態の混乱に更に拍車をかけている。
 本当の景気の実態、正しい単価の水準、仮需がないのかなどのことをしっかりと把握することを後回しにし、ただいま現在の状況でみんながその流れに翻弄されているように感じられる。
 もし社会全体がこのようになれば、バブル経済の復活ということになるのであろうが、製造業を担う素材の世界でバブル復活の同じ失敗を起こさないことを強く願いたい。
  世界全体の流れを考えるとBRICSをいわれるような国々が発展し、しばらくは景気の上昇局面が続くと考えられる。しかしその事がすべての会社の発展を意味することとはならず、その時の経済の実態に合わない会社の淘汰が更に進むことは間違いがない。当面の鉄鋼不足に発した現在の混乱は、その先駆けとなる課題であろうが、これらを乗り越えて、世界全体を発展させる流れに乗っていくことが必要とされる。しばらくは落ち着かない変化が続く状況と思われるが、お客様各位のますますのご発展を祈る次第です。
代表取締役 藤原 久芳
『憩』

 私が魚に接したのは、小学校の2年生のときでした。ガキ大将が近所の小学生達を手下に従え、川へ繰り出し私たちに自分を誇示する行動を見せつけました。手製の水メガネ、クギでつくったヤス、ポケットには肥後ナイフ、マッチ、おまけに塩まで持っていました。私たちからすれば、ただ、ただ「スゲー」のひとこと、今では幻の魚になりつつあるカジカをヤスで突くのです。皆さんもお分かりでしょう。魚、塩、マッチ、そうです!塩焼きにして食べるのです。興味を持ち始めたのは、自分で獲った魚が食べられると言う単純な理由だったと思います。その薄れかけている記憶から42年、今自他共認める釣りバカに成長しました。そんな釣りバカから一言。 仕事も釣りもその人の性格を表します。釣りは釣竿を出しているだけでもストレスの解消にはなります。しかし、それなりの成果しか上げられません。ここからが分岐点、悔しい思いが強いか?仕方が無いとあきらめるか!その1歩上を目指すだけでも大変な努力が必要となります。仕掛けの選択、ポイントの選択、魚の習性、地形、潮の干満、その他複雑な要素を把握して挑んでも満足がいく釣果すら上げられません。それでもまた試行錯誤しながら再度、挑みます。
 私は努力や熟練だけでも釣れる確率が定まらない何とも言えないこの魅力に
とりつかれてしまいました。今まで見えていなかったことが釣りを通じて見えることもあります。たかが釣り!されど釣り!人生教わることが沢山あります。見聞を広げるために!
 皆さん、釣りをしてみませんか?

浦安センター 葛 昭雄
16年秋号