特殊鋼の知識
平成30年春号
平成30年新年号
平成29年秋号
平成29年夏号
平成29年春号
平成29年新年号
平成28年秋号
平成28年夏号
平成28年春号
平成28年新年号
平成27年秋号
平成27年夏号
平成27年春号
平成27年新年号
平成26年秋号
平成26年夏号
平成26年春号
平成26年新年号
平成26年新年号−ご挨拶
平成25年夏号
平成25年春号
平成25年新年号
平成24年秋号
平成24年夏号
平成24年春号
平成24年新年号
平成23年秋号
平成23年夏号
平成23年春号
平成23年新年号
平成22年秋号
平成22年夏号
平成22年春号
平成22年新年号
平成21年秋号
平成21年夏号
平成21年春号
平成21年新年号
平成20年秋号
平成20年夏号
平成20年春号
平成20年新年号
平成19年秋号
平成19年夏号
平成19年春号
平成19年新年号
平成18年秋号
平成18年夏号
平成18年春号
平成18年新年号
平成17年秋号
平成17年夏号
平成17年春号
平成17年新年号
平成16年秋号
平成16年夏号
平成16年春号
平成16年新年号
平成15年秋号
平成15年夏号
平成15年春号
平成15年新年号
平成14年秋号
平成14年夏号
平成14年春号
平成14年新年号
平成13年秋号
新年のご挨拶
 新年おめでとうございます。
 未体験の大不況と格闘し、出口の見えない時代を生き抜く中で、また新しい年が始ります。
 予測ができない時代を生きている実感を、強く持っております。何が起こるかわからない不安を抱えて、生き抜いていくことの大切さを、しみじみと感じております。安易に流れず、短気を起こさず、わかっていることから着実に一つ一つを片付けていくことを、しっかりと行いたいと思っております。
 鉄鋼業界ではメーカーの再編成、商社の再編成が急速に進み、時代の変化に即した体制が整いつつあるように感じられます。中国の躍進が更に発展し、それと平行した自動車産業などの空洞化が、日本を大きく揺さぶると予想されます。従来の常識が否定され、新しい考えで積極的に対応することが、必要であると感じております。
 一方ではイスラムに代表される、米国への反発が強まり、世界が危険な状況になりつつあることも、 確かであると思われます。この状況を招いた、アメリカンスタンダードなるものに対して、冷静に評価をすることが必要な時期に来つつあることも感じております。このような錯綜した時代ではありますが、どうぞこの小冊子を読んで頂いている皆様方におかれては、日頃の努力の成果が現れる幸運が、一日も早く訪れることを祈り、簡単ですが、今年の挨拶とさせていただきます。
代表取締役 藤原 久芳
鉄と水
 企業経営を推進していくキーワードは変革とスピードに尽きます。昨今の過激な競争時代に企業体質をどう合わせていくか問われている現在にあって当然の方針です。
変革にあまりとらわれすぎては大事なものを見失っていることがないかと反省を交え気にかけています。顧客志向に立ちよき伝統の継承と顧客満足度を得るために変革を進めていくことが日々の課題としてあたっていきたいと思います。メーカー、商社、加工メーカーそしてお客様の企業提携から統合・合併と目まぐるしい変革期にあっては「何でもあり」は周知となりそのなかではチャンスもありと確信し、顧客志向のISO2000年版の品質管理の下、物流力に磨きをかけ各種加工のアウトソーシングの提供またVA提案等の情報提供を進め営業活動のスピードアップと処理の正確さの向上を図り、顧客満足度重視の営業展開に努めて参ります。
◎閑話休題◎
 出張先の長野で耳にした水の話:信州そば屋の店主が脳梗塞で倒れ、体調も優れぬまま聞き及んで飲みだした霊水、3ヶ月で急激に回復し、今では毎月片道200kmを300リットル運び、そば打ちとそばつゆで客に提供して美味と好評・・・実際賞味してうまい!富山県上市町の「穴の谷霊場の霊水」(あなんたんれいすい):ゲルマニュウムを含有し(仏ルルドの水と同じ)蒸留水に近く軟らかくきれいな万病に効く霊水。
 人間の身体には良い水・・・我が国の産業活性に産業の米である鉄、お客様に価値ある最高の鋼を提供してまいります。今度ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
取締役品質保証室長 松原 英雄
『憩』
 新年のヤマト便りに掲載となる予定なので明けましておめでとう御座いますと先に言っておきます。
さて何か書く話題がないかと考えましたが公私に渡り最近は何もなく話題が無いことにきずきこれは不味いと事態になりました。
 そこで唯一浮かんだのが某テレビ局で放送中の大河ドラマ(利家と松)です。
 私は歴史が好きで特に日本の戦国時代が好きです。必然的に欠かさず毎週テレビを拝見しております。特に織田信長が台頭し始めてから徳川家康が天下を平定するまでの激動の時代が大変好きで自分の知っている知識と照らし合わせながら見ております。
 その時代の私の一押し人物は何と言っても上杉謙信です。毘沙門天の旗の下、各国の戦国の雄と決戦する訳ですがとにかく強い!!強いばかりでなく義理・人情にとても厚く家臣や自国の民からも大変親しみを持たれた方だと記憶しています。一生涯、結婚しなく養子をもらい育てた謙信。まさにブラボー!!の一言です!!
 もし、私が戦国時代に生まれていたら{足軽頭}位にはなれたかな?等と一人で考えてるこの頃です。ちなみにPS2の戦国ゲームでは上杉謙信で全国制覇達成しました!!
 最近特に思うのが全国のお城めぐりをしたい事です。城ごとの歴史的背景に触れてその時代を想像したいですね。もっとも先立つ資金と時間が無い!!はたしていつ出来ることやら・・・個人的な話になってしまいましたがひとまず戦国武将ばんざい!? 
かしこ
山形営業所所長 井上 輝彦
15年新年号