特殊鋼の知識
令和2年新年号
令和元年秋号
令和元年夏号
平成31年春号
平成31年新年号
平成30年夏号
平成30年春号
平成30年新年号
平成29年秋号
平成29年夏号
平成29年春号
平成29年新年号
平成28年秋号
平成28年夏号
平成28年春号
平成28年新年号
平成27年秋号
平成27年夏号
平成27年春号
平成27年新年号
平成26年秋号
平成26年夏号
平成26年春号
平成26年新年号
平成26年新年号−ご挨拶
平成25年夏号
平成25年春号
平成25年新年号
平成24年秋号
平成24年夏号
平成24年春号
平成24年新年号
平成23年秋号
平成23年夏号
平成23年春号
平成23年新年号
平成22年秋号
平成22年夏号
平成22年春号
平成22年新年号
平成21年秋号
平成21年夏号
平成21年春号
平成21年新年号
平成20年秋号
平成20年夏号
平成20年春号
平成20年新年号
平成19年秋号
平成19年夏号
平成19年春号
平成19年新年号
平成18年秋号
平成18年夏号
平成18年春号
平成18年新年号
平成17年秋号
平成17年夏号
平成17年春号
平成17年新年号
平成16年秋号
平成16年夏号
平成16年春号
平成16年新年号
平成15年秋号
平成15年夏号
平成15年春号
平成15年新年号
平成14年秋号
平成14年夏号
平成14年春号
平成14年新年号
平成13年秋号
阪神タイガーズ
 心配されていた、イランとの戦争がそれなりに終わり、その後の米国経済の失速も、現在のところ回避されたように見られます。世界が平和に戻ったように思えた矢先に、中国SARSの発生が新たな問題を引き起こしております。
 日本のデフレも、ヨーロッパに伝播する危険性があるように見えます。中東の問題、北朝鮮の問題など、国際的な課題も残されております。国内ではリソナ銀行の国有化など、金融問題が再燃しております。少しは回復してきたと皆が期待していた日本経済も、足元が怪しいのが現状です。暗い時代がまだ続くのかもしれません。
  昨年に続き、阪神タイガーズが元気です。昨年は後半くずれたが、今年はどうなるのか興味が尽きません。経済界が元気がないのに対し、どこからこのような活力が出てくるのか興味を持っております。このような活力が今の経済界には欠けていると思います。いくつかの理由があると考えられます。
 まず監督がよい、選手の入れ替えが成功したと言われております。多分それも大きな理由であると思いますが、そのようなことは他のチームでも研究していると思います。
  熱心なファンの存在があります。負けても負けてもあきらめない熱狂的なファンが、今の熱気を盛り上げていることは事実です。
 これらの環境の中で偶然にチームが勝利し、選手個々の自信と勝利に対する執念を少しづつに築きあげ、そのことがまた勝利をもたらすという、良い循環が生まれていると思います。きっかけは、偶然の勝利であったのかもしれません。勝つことで自信が生まれ、自分の持つ本来の能力が十分発揮される、状態に至ったのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
  この文章を書きながら自分でも反省しますが、景気のよくならない原因を中国の影響や、日本の金融問題、米国の政策などに求め、本来の景気、経済状態への自身との関係を忘れているように感じます。
 あきらめずに、どこまでも日本経済の健全さを信じつづける、ファンはいるのでしょうか。自信をもって勝利に向かって挑戦しつづけている、選手はいるのでしょうか。これらの人こそが、景気を支え、経済の活況をもたらすと思います。自分自身の問題として、経済問題をよく考える必要があると思っております。
 私は、プロ野球の特別のファンではありません。ましてや、個別のチームのファンではありません。今、阪神ファンは爽快な気分を、味わっていると思います。日頃の仕事で、一日も早く、この爽快感を味わいたいと願う、このごろです。
 お得意様各社の、ますますのご発展を、お祈りいたします
代表取締役 藤原 久芳
『憩』
 今から20年程前のテニスブームの時に、一緒にスクールに通っていた友人と、最近またテニスをする機会を持つようになった。
 当時は、夏の休みになれば軽井沢や山中湖へと、いっちょ前にテニス旅行を楽しみ、真っ黒になるまでボールを追いかけていた。
 15年ぶりに同じコートに立ったその友人は、ずっと家族等と続けていたらしく、その上達ぶりに感心させられた。ちょっぴり悔しい気持ちにもなったが、それは仕方の無いこと。
 私ときたらここ何年も、テニスをする時間より、女性人とおしゃべりすることを楽しんでいたのだから。改めて、何事も続けることの大切さを教えられた。
 今、アニメ「テニスの王子様」の人気で、中学生の間でまたブームになっているらしい。
 私も、昔の様にはいかないが、もう少し積極的に参加して、これからも仲間達とテニスを続けていきたいと思う。もちろん、たまにしか会えない友達とのおしゃべりも楽しみながら。
総務グループ 扇谷 恵子
15年夏号