1.耐磨耗性の向上
・冷間転造加工のため歯面の硬さは向上(Hv250以上)し、又歯面の粗さは0.7μRmax以下のなめらかな鏡面仕上げとなっているため耐摩耗性が良くナットの組み合わせによる動きも極めてスムーズです。
 2.機械的特性の向上
・転造された軸の歯面の内部組織は、ファイバーフローが歯形の輪郭に沿って生じ、歯元部の組織が極めて密となり疲れ強さが増加しています。
・また、繊維組織の切断がありませんので機械的性質に優れています。
転造断面
ファイバーフローが切断されない為強度が増す
 3.転造方法〜グローブ転造法にて成形〜


スプライン使用例-動力伝達軸

              

スプライン転造機-転造ローラーの回転部

 4.寸法管理の向上
・直線歯形であるため寸法管理が容易です。
・スプラインの歯形は、2枚またはそれ以上の歯をまたいだとき、その両歯面が平行となるような台形であり歯厚の寸法と分割精度をマタギ歯厚によって管理する事ができます。
 5.運動伝達
・スプライン軸とナットは歯面合わせのため、インボリュートスプラインと同様に自動向心効果があり回転部分に使用して、正確かつ円滑な運動伝達ができます。
 6.加工製品の御紹介
・角スプラインシャフト各種(Φ8〜Φ100)
・インボリュートスプライン加工
・シャフト端部へのスプライン加工
1(サイズにより転造ローラーの製作が必要な為、別途ご相談に応じます)
2(特殊加工の為、ご相談に応じます)
3(加工賃につきましては都度見積り、ご相談の上とさせていただきます。
 機械の使用例
・各種工作機械、産業機械、健康機器など

 >>この製品の関連ページはこちら >>山形営業所 >>鋼材営業グループ