鋼材の在庫管理と切断作業に関わる合理化の提案
 1.原価低減
切断のアウトソーシングは、貴社のトータルコストを低減いたします。
原価の比例費への移行
切断業務に関わる原価の圧倒的な部分は人件費であると思われます。これを購入費とすることにより、原価が比例費となり原価管理が容易になり、また数量増減での原価変動がなくなるなどのメリットがあります。
 2.品質管理
ISO9001に基づく品質システムにより、お客様の仕様に合致した切断品をお届け致します。
切断仕様書
 一般仕様 : 切断加工受注基準書に基づきます。
 個別仕様 : 切断加工仕様書を個別に取り交わします
チェックシート
 切断成績表をとり品質管理いたします。
 3.納期管理
1.在庫管理
* 鋼材はすべて室内に保管いたします。
* 貴社からの支給材も預かります。
* クレードルシステム倉庫と、リフティングマグネットのコンビネーションによりスムーズな入出庫を実現します。
* 完全なチャージ管理を行っています。
2.切断体制
* 丸鋸、帯鋸合わせて22台の設備があります。
* 昼勤、夜勤の二直勤務

3.配車体制
* 常時 4t車-4台、7t車-2台、10t車-1台、1日に2回配車いたします。
* 適宜臨時便を起用します。

6.切断品の荷姿
* 切断品の形状に合う荷姿

 >>この製品の関連ページはこちら
 >>鋼材営業グループ >>浦安センターグループ >>山形営業所 >>甲府営業所 >>切断機一覧