特殊鋼の知識
工具鋼について
 1.工具鋼の性質を覚えるには、合金元素の性質を知る事が一番早い。従って合金元素の 主だったものを簡単に説明しよう。
C :C量が0.6%まではC量が増えることで焼入れ硬さは増し、耐摩耗性を増す。
Mn:焼入れ性を増し耐摩耗性を高める。
S :熱間加工性を害する。Mn、Moと結合して、被削性を良くする。
Ni:じん性を増大させるのと、焼入れ性を増す。
Cr:焼入れ性を増す。炭化物をつくり耐摩耗性を増す。
Mo:焼入れ性を増す。焼戻しぜい性を防止する。
V :結晶粒を微細化し、焼戻し抵抗性を増大させ、600℃までの高温硬さを高める。さらに、焼割れ防止、じん性を与え脱炭を防止する。
W :600℃までの高温硬さを増す。耐摩耗性を増大させる。
Co:マルテンサイト地を強化し、じん性を向上させる。

2.工具鋼の特性に及ぼす合金元素の影響


特 性

 合 金 元 素

熱間強度

W、Mo、Co、V、Cr、Mn

耐摩耗性

V、W、Mo、Cr、Mn

焼入れ性

Mn、Mo、Cr、Si、V

3.工具鋼を分類すると、下記のようになる。
炭素工具鋼……SK1~7 ……バイト、カンナ、ヤスリ、ゼンマイ、ドリル、ポンチ、ゲージ
高速度工具鋼…SKH2~57…切削工具として利用。最近は金型としても利用
合金工具鋼……下記に分類


切削工具用

SKS2,SK2,SKH2,51,52,53,54,56

切削工具として利用

耐衝撃工具用

SKS4,5,41,51

タガネ、ポンチ、シャー刃

冷間金型用

SKS3,31,93,94,SKD1,11,12

ロール、転造ネジダイス、シャー刃、ゲージ、プレス金型

熱間金型用

SKT3,4,5,SKD4,5,6,61,62

鍛造金型、プレス型、ダイス、マンドレル、押出工具

  上記以外に各社とも、自社ブランド品開発に力を入れており、相当高品質の物が販売
されております。使用用途に応じ材質を選びましょう